借金返済出来ない・借金が辛いという方へ

MENU

私も昔は借金返済生活を送っていました

 

消費者金融や銀行のカードローンで借りるのは意外に簡単なものです。

 

ですが借りすぎて返済出来ず困っている人も多いです。

 

金融でお金をかりれば当然利息を含めた返済をしなければならないのですが、なかなか元金が減らずいつまで経っても返済が終わらないという事に。

 

そんな借金返済でお困りでもうどうしても首が回らないという時は法律の専門家に依頼して借金を減額してしまう方法があります。

 

借金の無料相談は広報で市町村で開催されている場合もありますが仕事の都合でその日には行けないという事があります。
広報を見てその日に休める状況の人はなかなか少ないでしょう。

 

このホームページでは弁護士さんに頼みたいけれどどこの弁護士事務所がいいのか分からないという方に無料で相談出来る所をご紹介しています。

 

私も昔借金をしてしまい辛い時期がありました。返しても減らない借金の辛さというのは味わった人にしか分かりません。
結局弁護士さんにお願いして債務整理する事が出来ました。

 

市町村が行っている無料相談ではなく私自身のご都合に合わせた時間に相談出来ました。
仕事をしながら忙しい時間の中で時間を有効的に使えるのが私はいいと思いました。

 

もしあなたが借金で死にたい、辛い、どうしたらいいのか分からないという状況なのであれば
借金相談は無料ですので、何も損する事はありません。一度申し込みしてみてはいかがでしょうか。

 


▼ふづき法律事務所▼

 

借金返済相談はこちら

 

 

▼弁護士法人サルート▼

 

弁護士法人サルート

 

 

▼街角相談▼

 

匿名で申し込み出来るので安心です。

 

【街角法律相談所】無料借金減額シミュレーター


 

債務整理とは

 

 

借金の返済に詰まった際の対応方法として用意されている債務整理、具体的には何をするものかというのをご存知でしょうか。
債務整理とは簡単にいえば今ある返済不能な債務を帳消しにしたり軽くするための法的手段です。有名な手段であれば自己破産がそうです。

 

ただし用意されているとは言えども簡単に利用できるものではありません。具体的に収入がどれだけあるのか、借金の額がどれだけあるのかによって可否が変わりますし、必要書類も自己破産、個人再生など方法によって異なります。

 

複雑化している対応を代行したり手伝ったりしてくれるのが司法書士や弁護士の方々です。債務整理を現状で行ったほうが良いかの相談から実際に行う場合の必要書類の確認、調達の方法、裁判所への提出方法など様々な面でアシストしてもらえます。

 

弁護士と司法書士では必要経費も異なりますし行ってもらえる業務の内容もまた異なります、弁護士は代理権というものがあるためすべての手続を代行してくれます。対して司法書士は代理権が無いため対応方法を聞いて実際には自分自身で手続きしなくてはなりません。いずれにしても一人で気軽にできるような手続きではないため、相談をするところから債務整理は始まるのです。

 

債務整理のメリット

 

 

 

債務整理を行うメリットというのはそれはもちろん自分の抱えている借金が軽くなったり、最高の場合であれば全額支払いが免除される点にあるでしょう。そのための債務整理なわけですから最大のメリットです。任意整理、個人再生、自己破産と種類もあるため自分自身で持っている財産がどの程度あるのか、返済を一部継続することができるのかなどを検討して種類の使い分けができるというのもメリットの一つです。

 

特に種類の使い分けは非常に重要で、自己破産ですべての借金を帳消しにする場合であれば、今持っている自宅や車、土地といったようないわゆる大型財産についてはすべて押収されます。対して個人再生や任意整理であれば数年をかけて返済できる金額まで減額したり業者サイドとの話し合いで金額を決めて返済を続行すれば財産の差し押さえに遭わなくても良くなるのです。

 

自分の借金の度合いと持っている財産によってどんな種類を選んで、どんな返し方をするのかを選べるのが現在の債務整理のメリットです。ただしその選定基準は素人からであればわかりにくいですし、状況によってベストな対応策を選ぶ必要もあります。まずは自分で手を出さずに法律家の方々へ相談してみるのがよいでしょう。

 

債務整理のデメリット

 

債務整理を行う際の最大のデメリットは向こう数年間は再度キャッシング契約やローン契約がほぼ不可になるという点です。元々お金に困って借り入れを使われるわけですから、ケースバイケースによっては今後それらのサービスが利用できないと困る方々もいらっしゃるかと思われます。

 

信用情報機関に情報が載ってしまうためその後約5年から7年間と言われる期間中は審査にて債務事故歴を確認されてしまうため、ほとんどの場合は審査NGになります。一部小中規模の金融業者ではこれらの債務事故歴を許容している場合もあるようですが、大手の場合はほぼ間違いなくNGになるでしょう。

 

その他官報と呼ばれる政府発行の雑誌にも最無事故者として氏名や住所などが掲載されますし、一人で債務整理手続きを行おうとしても素人にはわからない手続きなのでほとんどの場合が法律家の力を借りますがその依頼費用も決して安くはありません。借金を軽くすることは出来ても結局一人では出来ませんしお金もかかるため、借り入れ額によっては対応するだけで損する可能性もあるのです。

 

債務整理は自分の稼ぎだけで今後生きていけるという人に取っては借金に対しての切り札でありますが、利用するにあたってはコスト面や将来面で不安が残る手続きでもあるのです。

 

借金の原因にはどんなケースがあるのか

 

消費者金融やカードローンで借りてしまうケースを考えてみましょう。

 

ギャンブル

 

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、カジノ、などギャンブルで依存症になるほどハマってしまうと借金してしまうケースが多いです。
男性だけでなく主婦でもパチンコがどうしてもやめられない人もいます。
最近では定年後の老人が時間を持て余し毎日通うようになり借金に至る事も。

 

日本にはパチンコはとても身近にあります。
会社の帰りにちょっとだけだと自分に言い聞かせても店が終わるまで打ち続けてしまいます。

 

買い物

無駄遣いが好きで欲しくなったらガマンせず買ってしまうケース。
買い物にも依存症になってしまう人も多いのです。
ブランドが大好きで新作が出れば買わずにいられなくなります。でも買った後何で買ったのか後悔してしまいます。
リボ払いで買った場合でも利息が高くなり毎月の支払は低くしていても長くに渡り高い金額を払わなければならなくなります。
段々毎月の出費が膨らみ生活費を圧迫するようになります。そうすると消費者金融やカードローンで賄おうとして借金地獄の始まりになります。

 

無職

 

無職になるのは人それぞれ色んな理由があるかと思います。

 

仕事がどうしても嫌でやむを得ず退職してしまう事もあると思います。ですが嫌だからと言って急にその日に辞めてしまうのはすぐ経済的に破たんしてしまいます。
蓄えがあって余裕があったとしても納得のいく職場を見つけなければ就職するまで時間がかかってしまいます。

 

経済的に苦しくなるのを避けるには次の仕事を見つけるまでは我慢出来るならしたほうがいいです。
精神的に苦痛すぎて病んでしまってもいけないのでいつか転職する気持ちがあるなら焦らないように準備しておくことが大事です。

 

20代や30代ですと資格を取るための学校に行くため退職する人もいます。
全く今までと違う職種に就くために学校に行くのであればまとまったお金を用意しなくてはなりません。
そうなると貯金だけでは足らないという理由でお金を借りる人もいるでしょう。
学校へ行きながら深夜にバイトするなどして補わなければ返済に困ってしまいます。
出費と収入の計画を十分に立てて実践しなくてはなりません。

 

仕事が続けられない位の病気になった場合は使える制度もありますので利用するといいでしょう。